情報は見極める時代に

情報が溢れる現代では、情報は得るものでなく、
情報を見極める力、取捨選択する力が必要です。
では、その見極める力はどのようにして備わるのでしょうか。
多くの経験と多くの情報に触れ、多くの人と出会い、
客観視することにより、見極める力が育ちます。

「情報は知識にあらず」(アインシュタイン)
「真の知識は経験あるのみ」(ゲーテ)

情報が貴重な財産であることはいうまでもなく、
「より精度の高い、より鮮度の良い情報」の入手が求められます。
「精度の高い、鮮度の良い情報」とは、足を運び、自分の目で見て、
耳で聞いて、体感して初めて得られるものです。
経験に裏付けされた情報は、知識に繋がり、
初めて情報として活かされます。

無形の財産こそ、一歩先のビジネスへ

「情報」、「経験」、「人材」、「信用」、はいずれも無形です。
これらの無形こそ、最も重要と考えております。
海外視察や海外渡航を通じて得られる、非日常の体験は強いご縁として金銭で購入できない財産です。

「無形の財産」を大事にされたい、「無形の財産」を育てていきたいとお考えの「あなた」のための
URZ<ユアーズ>は、INTERNATIONAL海外での体験を通して、
「無形の財産」作りのサポートをさせていただきます。